醍醐虎汰朗や森七菜さんら「天気の子」の声優・キャスト一覧!コメントも合わせて紹介!

「天気の子」の声優一覧
出典:(C)2019「天気の子」製作委員会

新海誠監督の新作「天気の子」公式サイト
さすがの風景描写としか言いようがない世界があり、ストーリー以外も楽しむことができました。

雨や光彩の描写。RADWIMPSの歌。醍醐虎汰朗さん森七菜さんらが作り出す声の世界観。これらを調和させた新海ワールドに巻き込まれた方も多いのではないでしょうか。

前作「君の名は。」に引き続き、アニメファンだけではなく、多くの人から注目を浴びる作品となりそうです。

今回の記事では、これらを作り上げた「天気の子」の声優やキャスト。本人たちの公式コメントを紹介していきます!よく見ると非常に豪華なメンバーです。

「天気の子」の声優(キャスト)一覧【役名と声優】

役名声優
森嶋帆高(もりしまほだか)醍醐虎汰朗(だいごこたろう)
天野陽菜(あまのひな)森七菜(もりなな)
須賀圭介(すがけいすけ)小栗旬(おぐりしゅん)
須賀夏美(すがなつみ)本田翼(ほんだつばさ)
天野凪 (あまのなぎ)吉柳咲良(きりゅうさくら)
安井(やすい)平泉成(ひらいずみせい)
高井(たかい)梶裕貴(かじゆうき)
立花冨美(たちばなふみ)倍賞千恵子(ばいしょうちえこ)

「天気の子」の監督・音楽・スタッフ一覧

原作・脚本・監督新海誠(Twitter
音楽(主題歌・劇伴)RADWIMPS 三浦透子
キャラクターデザイン田中将賀(Twitter
作画監督田村篤
美術監督滝口比呂志
製作「天気の子」製作委員会
制作プロデュースSTORY inc.
制作コミックス・ウェーブ・フィルム
公式URL天気の子

森嶋帆高(もりしまほだか)・醍醐虎汰朗(だいごこたろう)

出典:(C)2019「天気の子」製作委員会

主人公は醍醐虎汰朗(だいごこたろう)さんが演じる「森嶋帆高」。読み方は「もりしまほだか」です。
※「ほたか」ではありません

醍醐虎汰朗さんは2000年生まれ、東京都出身の俳優です。ドラマや映画の出演回数も多く、かつて「弱虫ペダル」シリーズで小野田坂道役を演じた実績があります。

オーディション時に「マイクの前に喋る姿が主人公に似ている」「親しみやすさがある」と高く評価され、1/2000という倍率を見事勝ち取りました。元々「君の名は。」が好きで、RADWIMPSの大ファンだったということもあり、劇場に3回も観に行ったようです。

映画では帆高が必死で足掻いてる部分をうまく表現してくれています。映画終盤、帆高(醍醐虎汰朗)は陽菜(森七菜)に会うための困難が訪れてますが、それを乗り越える場面を演じきってくれました。

醍醐虎汰朗さんのコメント

東京に出てきて必死で生きている帆高の環境が「今の僕と重なるところもあるかもしれないな」と思いました。本当にアフレコが楽しくて吸収することが多い作品でもあったので、完成して嬉しいけど、自分の作業が終わってしまうことが「寂しくて仕方ない」というのもあるんです。

「天気の子」は自分のすべてを注いで作品なので、まずはたくさんの方に観ていただいて、「皆さんはどう感じられたのか」いろいろな反応や感想を知りたいです。


「天気の子」パンフレットより

天野陽菜(あまのひな)・森七菜(もりなな)

出典:(C)2019「天気の子」製作委員会

天気を変える不思議な力を持ったヒロイン・天野陽菜には森七菜さんが抜擢されました。醍醐虎汰朗(森嶋帆高)さんと森七菜(天野陽菜)は2000人以上のオーディションから選ばれています。

森七菜さんは2001年生まれ、大分県出身の女優です。WebCMの動画でヒロイン役に抜擢され、そこから女優デビューを果たしています。その後「地獄少女」「心が叫びたがってるんだ。」などの映画で登場人物を演じ、実力を発揮。

オーディションを次々と勝ち取っていた少女として有名で「オーディションに強い女優」と言われています。平均視聴率が15.4%だったドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」で彼女のことを知った方も多いのではないでしょうか。

「天気の子」の帆高(醍醐虎汰朗)と陽菜(森七菜)は「懸命に生きていて、応援したくなった。」という声が聞こえてくるくらいハマっていました。

「陽菜が可愛かった!」「陽菜最高だった!」という声が多くあったのも、「森七菜さんならではの演技があったからこそ」ではないでしょうか。

森七菜さんのコメント

新海監督にお会いしたとき、「天気みたいなところが陽菜と似ている」と言っていただいたんです。「天気の子」にはSFの要素もありますが、私と醍醐君の中では本当にあったことのように感じられていました。

新海さんが描き出す物語は言葉や映像の力があり、初めての声だけの演技でも世界観に入り込んで、その身になってお芝居することができたと思います。自分が関わっていなかったとしても、「天気の子」がいちばん好きな作品になったと言えるくらい魅力にあふれた作品です。


「天気の子」パンフレットより

須賀圭介(すがけいすけ)・小栗旬(おぐりしゅん)

出典:(C)2019「天気の子」製作委員会

小さな編集プロダクションを営む須賀圭介が小栗旬さんです。主人公・森嶋帆高(醍醐虎汰朗)はこのプロダクションに住み込みで雇われます。

本映画では非常に存在感を発揮している役どころです。須賀の観点をうまく表現し、「普通の大人」の物語を小栗旬さんがわかりやすく伝えてくれました。

SNSの評価を見ても「イケボ過ぎる」「声優上手くないですか!?」など、絶賛する声が多くあありました。ただ、須賀のキャラクター的に「好きじゃない」という声もちらほら。

本映画で大人の人間を一番感じさせるのは「須賀圭介」です。おそらく好き嫌いが分かれるのでは?と思いますが、個人的には「大人の人間」を一番感じさせてくれるキャラクターでした。

小栗旬さんのコメント

新海さんの言葉を借りると、須賀圭介は「子どもの頃にこういう人に出会いたかった」という憧れが入ってるような人物。裏腹なところやちょっと胡散臭いところがあるんですが、そんなところも含めて「非常に人間らしいキャラクター」ですよね。

今回の「天気の子」という作品は、本当にピュアな思いが詰まった作品だと思います。世界観はすごく大きなものであっても、やっぱりふたりの少年少女の恋の物語で、そこがこの作品の魅力ですよね。


「天気の子」パンフレットより

須賀夏美(すがなつみ)・本田翼(ほんだつばさ)

須賀夏美(すがなつみ)・本田翼(ほんだつばさ)
出典:(C)2019「天気の子」製作委員会

須賀圭介の事務所で働きながら取材に奔走する女子大生・夏美役として本田翼さんが出演します。猫っぽいキャラクターなのは本人同様!?

映画内では帆高と夏美で取材に行くシーンが度々見られますが、就活中の大学4年生です。
そして「須賀圭介」の姪でもあります。映画の途中にサラッというので、見逃した方はエンドロールで「?」となってしまいます。
※むしろ私がそうでした・・・

「夏美はたぶん子どもと大人、どちらの気持ちも分かる大人なキャラクターなのかもしれない」本田翼さんは公式パンフレットでこのように語っています。

SNSでの前評判がよくなかった本田翼さんですが、映画公開後は見事にその評判を覆しました。「本田翼の演技を叩かれる意味がわからない」「声が予想よりずっと良かった。」「本田翼さん大変申し訳ございませんでした。」このような声が続出しています。

本田翼さんのコメント

アフレコはやはり難しいと感じる部分もありましたが、新海監督や川村プロデューサーが「夏美が来てくれた」とおっしゃってくださって、それが支えになりました。振り切ったお芝居ができたのも「天気の子」の楽しかったところです。たぶん年齢的に言うと、私がもう大学生の役をやる事ってないんですよね。

でも、声の演技だったら可能になるんです。しかもバイクで男の子を乗せて東京を逃げ回ることも、実際にはもちろん、お芝居でもなかなかやる機会ってないと思うんです。アニメーションだからできることで、この場でしかできないことがたくさんある瞬間だと感じながら、楽しんでやらせてもらいました


「天気の子」パンフレットより

天野凪 (あまのなぎ)・吉柳咲良(きりゅうさくら)

天野凪
出典:(C)2019「天気の子」製作委員会

陽菜の弟である凪を演じるのは吉柳咲良さん。小学生にもかかわらず、帆高からは先輩と呼ばれ、作中屈指のイケメンと言えるキャラクターです。

この年齡にして最低でも二人と付き合ったことのある天野凪。今現在の彼女が小学4年生の花澤カナ(声優:花澤香菜さん)、元カノが小学5年生の佐倉アヤネ(声優:佐倉綾音さん)。

新海監督のお遊びとも言えるキャラクター名、なんともまぎらわしいです。吉柳咲良さんの凪ボイスは、凪のイケメンっぷりを見事に表現してくれました。

吉柳咲良さんのコメント

この映画で一番好きなセリフは「ねぇ、今から晴れるよ」です。あの瞬間は一気に心が持っていかれる気持ちになります。

わたしが演じた凪は「天気の子」きってのイケメンキャラです小学生ですが、この物語の重要なシーンで主人公の背中を押す心強い強い存在とも思っています。

初めての声優のお仕事だったので、とても緊張しましたが、このような大きな作品に携わることができてとても嬉しいです。


「天気の子」パンフレットより

立花冨美(たちばなふみ)・倍賞千恵子(ばいしょうちえこ)

立花冨美
出典:(C)2019「天気の子」製作委員会
帆高と陽菜に「初盆を晴れにしてほしい」と頼みごとをするのが、倍賞千恵子さん演じる老婦人の冨美。

倍賞さんはジブリ映画「ハウルの動く城」でソフィー役を演じていますが、声優のお仕事はそれ以来だそうです。

倍賞千恵子さんのコメント

アニメーションの声だけの表現は、難しくもあり楽しくもあり勉強になりました。冨美は淡々とゆっくりと、自分の人生を楽しんで世の中の流れをちゃんと見据えている人です。

新海監督は冨美の最後のセリフを大切にしていて、それが強くも弱くもしっかりとメッセージが伝わるように考えていらっしゃって、それは私も同じでした。

微妙な表現を求められ、もっとできるはずだと監督に要求され、嬉しかったです。


「天気の子」パンフレットより

安井(やすい)・平泉成(ひらいずみせい)

出典:(C)2019「天気の子」製作委員会

須賀圭介の事務所を訪れる老刑事役が平泉成さん。安井刑事のキャラクターは平泉成さんそのままでした。

安井&高井コンビの刑事で動いてましたが、安井のほうが帆高の気持ちを汲み取っているようにも見えます。ベテランの刑事を漂わせる平泉成さんはさすがです。

平泉成さんのコメント

太陽がいかに大切なものかはもちろん知っていますが、天気の子で太陽がこれほどまでに愛しく表現されていたことに改めて感動しました。

新海監督とは初めてお目にかかったのですが、穏やかで優しそうな角のないテーブルのような、でも辛抱強く奥の深そうな人です。オファーをいただき、出演させてもらってとても嬉しく思いました。


「天気の子」パンフレットより

高井(たかい)・梶裕貴(かじゆうき)

高井
出典:(C)2019「天気の子」製作委員会
安井の相棒である高井は人気声優の梶裕貴さん。安井&高井の刑事コンビなので、まぎらわしいです。高井刑事の見どころは「たまに揺れるリーゼント」

梶裕貴さんは「進撃の巨人」のエレン・イェーガー役。「ワールドトリガー」の三雲修役など、多くの有名な役をこなしてきた声優です。

梶裕貴さんのコメント

強い正義感を持ち、刑事らしいどっしりとした心構えの見受けられる高井。若手と中堅の狭間にある青臭さや未熟さどこか海が見えるような印象だったので、そのあたりも意識しつつ、役作りさせていただきました。

新海監督の作品には、監督ご本人の温かいお人柄が溢れてると思います。深い愛情や繊細さロマンとリアリティの絶妙なバランス感。「人間」が大好きで、それを面白がりながら作品作りをされているのだろうなと感じました。


「天気の子」パンフレットより

キャラクターデザインは田中将賀


今作のキャラクターデザインは「君の名は。」に引き続き、田中将賀さんが担当します。田中将賀さんと新海誠監督は同映画以前に「Z会のCM(クロスロード)」でダッグを組んだことがあり、CMでありながら丁寧なアニメーションになっていて話題になりました。

キャラクターデザインはどこかリアリティーがあり、落ち着かせる画風になっています。これまでも「とらドラ」「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」と言った作品を手がけた実績があります。

個人的にも好きなキャラデザであり、過去作と同様に天気の子でも作風にマッチしています。「この人の作品ならこの絵が合う」というのは、各アニメあると思いますが、私の中でそれに該当するのが「新海監督と田中将賀さん」です。

作画監督は田村篤、美術監督は滝口比呂志

作画監督はスタジオジブリ出身の田村篤さん。数多くのジブリ作品に携わり「猫の恩返し」では作画監督補を務めています。美術監督は新海監督の「言の葉の庭」に携わった滝口比呂志さん。

この二人が担当することで「新海ワールド」の世界観がイメージしやすいカタチとなるのではないでしょうか。「天気の子」を具現化するには相応しい方々です。

「天気の子」の脚本家・音楽

「天気の子」は新海誠とRADWIMPSが再びダッグを組む作品です。前作同様に名作になる可能性が高い映画であるといえるでしょう。

脚本家・新海誠の作品

「天気の子」の脚本家である新海誠は、「君の名は。」以外にも「秒速5センチメートル」「言の葉の庭」など、様々な名作を生みだした人物あり、多くの評論家からも絶賛を受けています。

「君の名は。」は男女が入れ替わるという定番の切り口ながら、伝承や田舎の様子など様々の要素を柔軟に組み込み、大人が観ても楽しめる重厚な作品に仕上がっていました。

私も本作で新海ファンとなった一人です。そんな監督の次なる作品なので、かなり期待をしています!以下は新海監督のコメントです。

僕にとっての2018年は『天気の子』の制作だけの1年でした。企画も脚本も絵コンテも考え尽くしたつもりの作品ですが、それでもまだ、来年夏の公開を想像することはどこか怖いです。
(引用:http://shinkaimakoto.jp/

『天気の子』は、技術気力実力ともに充実したチームのおかげで過去作よりももっと見応えのある映画になるはずです。詳細はもうしばらくは言えませんが、とても面白い映画になるはずだと、僕としては思っています。
(引用:http://shinkaimakoto.jp/

前半の一文からは「プレッシャーを感じている」という一面が見受けられますが、後半の一文からは「手応えがあった」というのが伝えってきます。

これまでとは違う新しい要素を加えつつ、今までと変わらない連続したテーマもある作品だとも言っています。本人自らブログに書いているぐらいなので、かなり自信があるのではないでしょうか。

主題歌・劇伴はRADWIMPSと三浦透子さん

本作の見どころの一つが「新海誠とRADWIMPSが再びダッグを組んだ」ということ。「愛にできることはまだあるかい(RADWIMPS)」は、「天気の子」にとって欠かせない「音楽」です。

前作「君の名は。」「前前前世(RADWIMPS)」がそうであったように、今回も同じことが言えます。

そして、劇中音楽には三浦透子さんが主題歌「グランドエスケープ(Movie edit)feat.三浦透子」でボーカルに加わっています。その背景としては、野田洋次郎(RADWIMPS)さんは以下のコメントを残しています。

前作とは異なる世界観にしたかったということと、女性ならではの、より大きな存在感でこの作品を包み込んでほしいと思ったからでした。
(引用:https://www.tenkinoko.com/news.html

「愛にできることはまだあるかい(RADWIMPS)」と同様に、三浦透子さんの今日も本作を盛り上げてくれる重要な音楽です。

出典:RADWIMPSオフィシャルサイト

主題歌5曲を含むアルバム「天気の子」は、映画公開と同時に発売されています。

RADWIMPSのコメント

新海さんが描く世界は、余計なものにして置き去りにして投げ捨てられるくらいの力強さがあるので、それをそのまま歌で表現したいなと思って書き上げました。

今回は「祝祭」の途中で僕の思いが入ってきたり、合唱というのも一つポイントになってますね。僕らとしても新しいところに踏み込みなら「天気の子」という作品をもらったので、行間を埋める以上の世界を築き上げて渡せた部分があるのかなと思っています。


「天気の子」パンフレットより
三浦透子さんのコメント

歌詞が映画の物語としっかりとリンクしていたので、お芝居と近い感覚で歌うことができました。今回こうした歌で「天気の子」に参加させていただけることが決まったときは、本当に不思議な気分でした。

「君の名は。」という作品はまさに社会現象で、私もそれを目の辺りにした一人でした。その制作チームに自分が参加するなんて「未来はわからないものだな」というのが率直な感想です。


「天気の子」パンフレットより

「天気の子」は「君の名は。」を越せるのか!?

「君の名は。」は海外でも大きく話題となった映画です。全世界の興行収入は337億となり、あの「千と千尋の神隠し」をわずかに超えていました。実は世界中で大きく人気を得た映画だったのです。

しかし「君の名は。」がアメリカで公開されたのは、日本で公開されてから半年以上経ってからでした。世界で公開するのがもっと早ければ、更に収入を伸ばせた可能性があったかもしれません。

単純に海外展開だけとは言えませんが、「天気の子」の海外展開次第では「君の名は。」を超える可能性が十分にあるのではないでしょうか。

映画公開されて間もないので、これから「興行収入」がどのように増えていくかも楽しみです。